お茶を飲めば尿酸値は下がる?

お茶の中には尿酸値を低下させる作用があるとされているものもあります。この尿酸値というものは、どのようなものなのかをご存知でしょうか?

 

血液の中にどれくらいの尿酸が含まれているのかを数値化したものが尿酸値となっています。食べ物に含まれているプリン体といわれる物質が体内の中で分解されると、老廃物として生成されるのが尿酸となっています。

 

通常の場合、どれだけ健康体の人出も少なからず尿酸は体の中に存在しているものです。ですが、尿酸値が基準値を超えていて、そのままにしておくと、尿酸が集まって結晶化してしまいます。結晶化された尿酸が関節などに蓄積されて、関節を攻撃してしまう病気のことを痛風と言います。

 

尿酸が溜まってしまうと、痛風を発症するリスクが高くなるだけではなく、腎臓にも障害を与えてしまうこともあります。

 

基本的に男性というのは女性と比べると圧倒的に尿酸が溜まりやすい傾向があります。そのため、痛風を発症するほとんどの人は男性です。

 

血液中の尿酸が濃くなってしまっているわけですが、尿を排出させることによって尿酸も排出させることができます。ですから、こまめに水分補給をすることで、尿酸値を抑えることも可能になっているのです。健康診断などで尿酸値が高くなっているのであれば、1日に付き最低でも2リットルは水分補給をするようにしましょう。

 

お茶というのは、水分補給をすることができるだけではなく、滋養強壮作用も期待できます。ただ、お茶には相当の数の種類が存在していますし、中にはかなりの量のタンニンやカフェインが含まれているものもあります。

更新履歴RSS

 サイトマップ
Copyright(c) 2015 尿酸値を下げるには?私はお茶をおすすめします! All Rights Reserved.